ALTER TABLE ALTER SET DEFAULT - 列のデフォルト値を設定する -

SQL-92/99   Oracle DB2 SQL Server MySQL PostgreSQL Access

ALTER TABLE 表名 ALTER [ COLUMN ] 列名 SET DEFAULT デフォルト値

 ALTER TABLE ALTER SET DEFAULT 文は、指定した列のデフォルト値を変更するときに使用します。 このとき、デフォルト値が変更された表に対して、INSERT 文を実行した場合には、デフォルト値が挿入されます。

-- 【説明】
-- 次の SQL 文は、「T_02_1」表の「F_MEMBERS」列に対して、デフォルト値の「1」を設定します。

ALTER TABLE T_02_1 ALTER COLUMN F_MEMBERS
 SET DEFAULT 1;


INSERT INTO T_02_1
 VALUES ('100106', '群馬県高崎市');


SELECT * FROM T_02_1;


IDADDRESSF_MEMBERS
100101愛知県名古屋市2
100102愛知県名古屋市2
100103岡山県倉敷市 5
100104沖縄県那覇市 4
100105北海道札幌市 4
100106群馬県高崎市 1

 ALTER TABLE ALTER SET DEFAULT 文では、SET キーワードを DROP キーワードに変更することで、指定した列のデフォルト値を削除することができます。

-- 【説明】
-- 次の SQL 文は、「T_02_1」表の「F_MEMBERS」列に対して、デフォルト値の設定を削除します。

ALTER TABLE T_02_1 ALTER COLUMN F_MEMBERS
 DROP DEFAULT;


INSERT INTO T_02_1
 VALUES ('100107', '山梨県甲府市');


SELECT * FROM T_02_1;


IDADDRESSF_MEMBERS
100101愛知県名古屋市2
100102愛知県名古屋市2
100103岡山県倉敷市 5
100104沖縄県那覇市 4
100105北海道札幌市 4
100106群馬県高崎市 1
100107山梨県甲府市 0

参考表

T_02_1

IDADDRESSF_MEMBERS
100101愛知県名古屋市2
100102愛知県名古屋市2
100103岡山県倉敷市 5
100104沖縄県那覇市 4
100105北海道札幌市 4