CHAR / CHR 関数 - アスキーコードの文字を返す -

SQL-92/99   Oracle DB2 SQL Server MySQL PostgreSQL Access

SQL Server, MySQL

CHAR( 数値 )


Oracle, DB2, PostgreSQL, Access

CHR( 数値 )


戻り値 : アスキーコードの文字または NULL

関連キーワード

 CHAR / CHR 関数は、指定した数値データ(アスキーコード)の文字を調べるときに使用します。 なお、アスキーコードに対応する文字が存在しない場合には、NULL が返されます。

-- 【説明】
-- この SQL 文は、「RANK_CODE」列、「ASCII_CHAR(別名)」の問い合せを行います。 このとき、ASCII_CHAR(別名)の値は、CHAR / CHR 関数から返された文字になります。
-- ここで注意することは、CHAR / CHR 関数に指定する「RANK_CODE」列の値に、アスキーコードに対応しない値(99999)がある場合には、NULL が返されることです。

-- SQL Server, MySQL

SELECT U_ID, RANK_CODE, CHAR(RANK_CODE) AS ASCII_CHAR FROM T_22_1
 ORDER BY RANK_CODE;


-- Oracle, DB2, PostgreSQL, Access

SELECT U_ID, RANK_CODE, CHR(RANK_CODE) AS ASCII_CHAR FROM T_22_1
 ORDER BY RANK_CODE;


U_IDRANK_CODEASCII_CHAR
u060121 65A
u063113 65A
u060120 66B
u062111 67C
u062122 68D
u06312599999[NULL]

参考表

T_22_1

U_IDK_NAMEE_NAMEADDRESSRANK_CODE
u060120佐藤大輔 Daisuke Sato 東京都 66
u060121林原浩二 Koji Hayashihara北海道 65
u062111大木智子 tomoko ooki 大阪府 67
u062122田中一郎 ichiro.tanaka 沖縄県 68
u063113福田百合子Yuriko.Hukuda 神奈川県 65
u063125本山司 tsukasa.motoyama千葉県 99999