LEFT 関数 - 指定した文字数の(左側)文字列を返す -

SQL-92/99   Oracle DB2 SQL Server MySQL PostgreSQL Access

LEFT( 文字列, 取得する文字数 )


戻り値 : 指定した文字数の(左側)文字列

関連キーワード

RIGHT 関数, SUBSTR 関数

 LEFT 関数は、指定した文字列データから取得する文字数分の(左側)文字列を取得するときに使用します。 このとき、SQL Server / MySQL / Access では、漢字・ひらがな・カタカナなどのマルチバイト文字も 1 文字として認識されます。 また、文字列の長さより取得する文字数が大きい場合には、文字列全体が返されます。 なお、DB2 では、取得する文字数がバイト数として扱われるため、文字列に漢字・ひらがな・カタカナなどのマルチバイト文字が混在していると正常に処理できないことがありますので注意が必要です。

-- 【説明】
-- 次の SQL 文は、「E_NAME」列の値から左側「12」文字を取得します。

SELECT U_ID, E_NAME, LEFT(E_NAME, 12) FROM T_22_1;


U_IDE_NAMELEFT(E_NAME, 12)
u060120Daisuke Sato Daisuke Sato
u060121Koji HayashiharaKoji Hayashi
u062111tomoko ooki tomoko ooki
u062122ichiro.tanaka ichiro.tanak
u063113Yuriko.Hukuda Yuriko.Hukud
u063125tsukasa.motoyamatsukasa.moto

参考表

T_22_1

U_IDK_NAMEE_NAMEADDRESSRANK_CODE
u060120佐藤大輔 Daisuke Sato 東京都 66
u060121林原浩二 Koji Hayashihara北海道 65
u062111大木智子 tomoko ooki 大阪府 67
u062122田中一郎 ichiro.tanaka 沖縄県 68
u063113福田百合子Yuriko.Hukuda 神奈川県 65
u063125本山司 tsukasa.motoyama千葉県 99999