NULLIF 関数 - 値が等しいときに NULL を返す -

SQL-92/99   Oracle DB2 SQL Server MySQL PostgreSQL Access

NULLIF( 値1, 値2 )


戻り値 : NULL または値1

関連キーワード

 NULLIF 関数は、指定した値 1 と指定した値 2 を比較するときに使用します。 このとき、値 1 と値 2 の値が等しいとき NULL、等しくないとき値 1 を返します。

-- 【説明】
-- 次の SQL 文は、「T_16_1」表から「ZIP_CODE」列の値が「3330000」のとき「NULL」を返します。

SELECT C_ID, ZIP_CODE, NULLIF(ZIP_CODE, '3330000') FROM T_16_1;


C_IDZIP_CODENULLIF(ZIP_CODE, '3330000')
9001013330000[NULL]
900102[NULL] [NULL]
90010310300001030000
900104[NULL] [NULL]
90010520100002010000

参考表

T_16_1

C_IDZIP_CODEPOSTAGE
9001013330000 500
900102[NULL] -500
9001031030000 500
900104[NULL] -500
90010520100001200