= 演算子 - 等しい -

SQL-92/99   Oracle DB2 SQL Server MySQL PostgreSQL Access

数値式1 = 数値式2
文字列式1 = 文字列式2
日付式1 = 日付式2

 = 演算子は、WHERE 句の条件式など、左辺と右辺を比較するときに使用します。 このとき、左辺と右辺の値が等しいとき真、等しくないとき偽になります。 なお、= 演算子では NULL を判定できないため、NULL を判定する場合には、IS NULL 演算子を使用します。

-- 【説明】
-- 次の SQL 文は、「T_11_1」表から「SALE」列が「5000」に一致するデータを取得します。

SELECT * FROM T_11_1
 WHERE SALE = 5000;


C_IDSALERATEPOINTUPDATE_TIME
900103 500010.00 50006-06-01

参考表

T_11_1

C_IDSALERATEPOINTUPDATE_TIME
9001011200010.00120006-06-01
9001021300010.00130006-06-02
900103 500010.00 50006-06-01
900104 543010.00 54306-06-07
900105 550010.00 55006-06-05